top of page

医学生と考えるダイバーシティの会 2023 ご案内

【開催趣旨】

今年で12回目となる本フォーラムでは「スポーツ医学」について取り上げます。北海道ではウィンタースポーツが盛んなこともあり、スポーツ医学のニーズは非常に高いと感じます。スポーツ医学と一口に言っても、関わる診療科は整形外科をはじめ、心肺機能や貧血・拒食症、心身不調といった疾患を扱う内科、女性アスリートの支援を行う産婦人科といったように、多岐に渡っています。本フォーラムでは、スポーツ医学について様々な視点からのお話を伺い、スポーツ医学の現場の実態や各診療科の関わりについて学ぶ機会になると考えております。 また、日常診療では遭遇することが少ない山岳医療についてのお話を伺う希少な機会でもあります。

3年ぶりに対面開催の予定です。お時間のある方はぜひご参加下さい。


【企画概要】

日時:2023年1月14日(土)14:00~17:00

場所:北海道大学病院臨床研究棟1階 大会議室

(北大病院救急玄関向かい)


【内容】 テーマ;「スポーツ医学」     スポーツ医学のすゝめ~整形外科・産婦人科・内科からのアプローチ~

1. 寺本篤史先生(札幌医科大学 整形外科)北京五輪日本選手団ドクター 2. 寺本瑞絵先生(NTT東日本病院 産婦人科)女性アスリート支援 3. 大城和恵先生(山岳医療機構、北海道大野記念病院)循環器内科・山岳登山外来 【主催】:北海道女性医師の会、北大キャリアシンポジアム実行委員会、札幌医大キャリアフォーラム実行委員会


bottom of page