7月17日(水) | 北海道公立大学法人 札幌医科大学 臨床教育研究棟  2階C201号室

第二回 性暴力被害者支援のための勉強会~事例から被害の実態と支援の在り方を考える~

Registration is Closed
第二回 性暴力被害者支援のための勉強会~事例から被害の実態と支援の在り方を考える~

日時・場所

2019年7月17日 18:00 – 19:30 JST
北海道公立大学法人 札幌医科大学 臨床教育研究棟  2階C201号室, 日本、〒060-8556 北海道札幌市中央区南1条西17丁目

イベントについて

当日のプログラム

開会挨拶  

    札幌医科大学 学長・ 理事長     塚本泰司

座長 札幌医科大学産婦人科 教授       斉藤 豪 

1.相談事例

  さくらこSACRACH運営委員 弁護士   八代眞由美

2.性的虐待について

    札幌医大小児科 助教          國重美紀

3.グループディスカッション  

  さくらこSACRACH運営委員 産婦人科医  堀本江美 

概要

 性暴力被害者支援のためのワンストップセンターは,内閣府の発表によれば全国全ての都道府県に1つ以上設置されたことになりました。しかし,病院拠点型と言われる医療を中心とした支援センターはまだ全国に10か所程度しかできておらず,医療面での,より手厚い支援が求められています。

 そこで,性暴力被害者支援センター北海道(通称 SACRACH さくらこ)を運営する認定NPO法人ゆいネット北海道との共催により,性暴力被害者支援のために,医師,看護師ら医療スタッフに何ができるのか,どのような支援をすべきなのか,相談事例を通して勉強する機会を設けました。

 皆様がこれまで対応された症例の中にも,性暴力や性虐待が見過ごされてきたものや,本当は支援につなぐべきだったものがあったかもしれません。性暴力が身近にあるということを知って,日々の症例において,まず「疑う」ことから始めていただくために,是非一緒に学んでいただきたいと思います。

参加費は無料です。

FAX 011-768-8600 で事前申し込みもしくはメール(y.terada0805@gmail.com)可

主催 札幌医科大学 産婦人科

共催 認定NPO法人ゆいネット北海道